[独学で大学に合格する!]独学のススメ

勉強

皆さん独学は難しそう…と思っていませんか?

確かに教えてくれる人がいない中勉強するのはとても大変です。

私も受験勉強を独学で行いましたが、受験が終わるまでヒィヒィ言いながら勉強してました。

しかし、独学は人に教わるよりも勉強効率も上げることができます。

独学に困っている人はぜひ記事の内容を参考にしてみてください!

独学のメリット

独学のメリットは「自分のペースで勉強ができる」ことです。

学校の勉強は授業に沿って進めるので、自分のペースで勉強することが難しいです。

しかし、独学だと得意なところは飛ばして進めたり、苦手なところは前に戻って勉強することができます。

独学のデメリット

強制力がないので、モチベ管理がとても大変です。

また何をどのように勉強すれば良いか教えてくれる人がいないので、全て自分で判断しなければなりません。

具体的な方法

まずは独学の流れについて説明します。

  1. 目標を決める
  2. 情報を集める
  3. 情報を選択する
  4. 勉強する

目標を決める

まずは目標を決めます。

ただ、「志望校に合格する!」や「この資格を取る!」などの抽象的な目標はまず達成できません。

目標の立て方はSMARTの法則と呼ばれる方法を使うことをおすすめします。

SMARTは、Specific(具体的である)Measurable(計測できる)Agreed upon(同意している)Realistic(現実的である)Timely(期日が明確である)の5つの頭文字です。

大学受験を例に考えると、「志望校の合格者平均点+20点で合格する」や「次の模試までに英語と数学の偏差値を60超える」など、5つの要素全て満たした目標を立てると良いです。

情報を集める

ネットで調べると先人たちが勉強法や教材などを教えてくれます。

ネットの情報は玉石混合ですが、とりあえず片っ端から情報を集めましょう。

情報を選択する

情報を集めることである程度の傾向が見られると思います。

特に、多くの人がおすすめしている勉強法や教材は質の高いものが多いので、積極的に取り入れることをおすすめします。

そして情報の選択が終わったら、それ以上情報を入れないことをおすすめします。

新たに情報を入れてしまうと、現在の勉強の軸がぶれてしまい、結果が出せない可能性があります。

大量の勉強法や教材について知っているだけのノウハウコレクターとならないよう注意しましょう!

勉強する

仕入れた情報を元に勉強します。

ただ正直、ここが一番難しいです。

独学での勉強はモチベ管理が大変ですので、一緒に勉強する仲間やライバルを見つけることをおすすめします。

私は「Studyplus」という勉強用SNSを使って勉強のモチベを上げていました。

勉強の記録も出来ますので、とてもおすすめのアプリです!

効率の良い勉強法

独学での勉強の仕方はわかったけど、効率よく勉強する方法も知りたい!という人も多いと思うので、私が実際にやって効果があった勉強法について紹介します。

夜に暗記して朝に復習

人間は睡眠中に記憶が整理されており、特に寝る前の物事は記憶しやすいです。

この方法を取ることで、少ない労力で暗記を行うことができます。

私もこの方法を使い、2ヶ月でターゲット1900の英単語を覚えることができました!

簡単かつすぐに効果が出るので非常におすすめです。

アウトプットを意識する

人間は自分が意識的に使った情報ほど記憶に残りやすいです。

勉強する際にテキストを読んでから問題を解く人が多いですが、問題を解きながら覚えていく方が圧倒的に効率が良いです!

数学を例に出すと、教科書の隅々をきちんと読むよりも、問題集を繰り返し解くほうが成績アップに繋がります。

まとめ

今回は独学のメリットや方法について紹介しました。

独学によって皆さんの成績が向上することを期待してます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました