[ノートPCを使っている人は買うべき!]外部モニターの選び方

ガジェット

最近、DELLの27インチモニターを買いました。

今までMacBook Air の画面で作業していたのですが、大きい画面はいいですね…ものすごく作業がやりやすいです。

外部モニターを導入したいけど、たくさんの種類があるからどれを選べばいいか分からない…という人も多いかと思います。

そこで今回はモニターの選び方について分かりやすく紹介したいと思います。

モニターの性能の見方

モニターの性能については主に以下の点に注意してみることをおすすめします。

  • 画面の大きさ
  • 解像度(画面の綺麗さ)
  • リフレッシュレート(画面の滑らかさ)

画面の大きさ

一般的なモニターの大きさは、24,27インチです。

それ以上大きいモニターもありますが、デスクが小さいとモニターが置けない可能性があるので、自分の環境に合った大きさを選びましょう。

また、ゲームをする人の場合、画面が視野角に収まる24インチをおすすめします。

解像度(画面の綺麗さ)

モニターはとても小さい粒が集まってできており、この粒の数が多いほどより綺麗な画像や動画などをみることができます。

一般的なモニターはフルHDと呼ばれる解像度で、フルHDのモニターは比較的安価なので画面の綺麗さはあまり気にしないという人はおすすめです。

もっと綺麗な画質がいい!という人は、WQHD (QHD)や4Kと呼ばれる解像度のモニターをおすすめします。

4KはフルHDの4倍の粒で構成されており、非常に綺麗な画質となります。ただ、値段が非常に高くなるのがネックです。

WQHDはフルHDと4Kの中間ほどの解像度で、画面の綺麗さが欲しいけど値段も抑えたい!といった人におすすめです。

リフレッシュレート(画面の滑らかさ)

モニターは何枚もの画像をぱらぱら漫画みたいに動かすことによって表現しています。

リフレッシュレートは1秒間に何枚の画像を使うかを表していて、数値が高いほど画面が滑らかに動きます。

特にゲーム(それもFPSなどの対戦系)をする人や動画をよくみる人は、120Hz以上のモニターを買うことをおすすめします。

ただ、リフレッシュレートが高くてもゲームや動画がそのリフレッシュレートに対応していない場合もありますので、買う前に確認しましょう!

その他

接続端子は、HDMIがあればとりあえずなんとかなります。

また値段は少し張りますが、Type-C接続ができるモニターだと、充電と画面の出力をケーブル1本で同時にやってくれます。

デスク周りをスッキリさせたい人はType-C接続ができるか確認することをおすすめしたいです!

後は、スピーカーに接続する端子も必須です。

モニターの多くはスピーカーの音質が悪かったり、そもそもスピーカーが付いていないので、外部のスピーカー繋げることをおすすめしています。

おすすめスピーカーはCreative Pebbleというスピーカーです。

約2000円という価格ながら、音質がそこそこ良くコスパに優れた製品なので、どのスピーカーが良いか迷っている人は買うことをおすすめします!

まとめ

今回はディスプレイの選び方について紹介しました。

画面が大きいと作業効率が上がりますので、持っていない人は是非一度買ってみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました