[8とほぼ同じ性能で安価!]Apple Watch 7 のレビュー

ガジェット

ビックカメラにてApple Watch Series 7が8と比べて1万円以上安く売られていたので購入しました。

ビックカメラ.com - Apple Watch Series 7(GPSモデル)- 41mm(PRODUCT)REDアルミニウムケースと(PRODUCT)REDスポーツバンド - レギュラー REDアルミニウム MKN23J/A
ビッグなニューフェイス。Apple Watch史上、最大かつ最先端のディスプレイ。かつてないほど高い耐久性。健康のための画期的なイノベーション。最大33パーセント速い充電時間。

前まで3を使っていたのですが、OSが対応しなくなったので7に変更して、生活がだいぶ便利になりました!

今回は7と最新モデルである8、SEの違い、また7がおすすめな人について紹介したいと思います。

Apple Watchが欲しいけど、どれを買えば良いか分からないという人はぜひ参考にしてください!

7と8、SEの大きな違い

SE
常時表示×
日本語キーボード×
皮膚温センサー××
血中酸素、心電図×
衝突事故検出×
高速充電×

常時表示

Apple Watchは5以降のモデルで常時表示に対応しました。

正直、これいるか?と思っていたのですが、いざ使うと結構便利でびっくり。

3を使っていた頃は、腕を上げないと画面が光らないので、すぐ時間を確認するということができず、地味にストレスでした。

7では腕をほとんど動かさないでも確認できるので、ほんの数秒の違いですがだいぶストレスフリーです。

廉価モデルであるSEとの大きな違いはこの常時表示の有無だと思いますが、特に時計をよく確認するという人は常時表示ありがおすすめです。

大きな画面と日本語キーボード

3から7に変えて一番思ったこと…画面がでかい!

38mmから41mmモデルへの変更なのもありますが、最近のiPhoneみたいに縁ギリギリまでスクリーンがあるのでとにかくでかい。

画面が大きいことで操作がすごいし易いです。

特に7以降のモデルからApple Watchで日本語キーボードが使えるようになりました。

これがとても便利で、例えばLINEが来たときにスマホを出さなくても返事することができます。

スマホを出すのすら億劫という、私と同じようなめんどくさがりな人は、ぜひ一度使ってみてください。

ヘルスケア系

7では皮膚温センサーが使えません。

皮膚温センサーの主な使い道としては、月経や排卵の推定に使います。

女性の方に便利な機能だと思いますので、記録をつけたい方は8を買うことをおすすめします。

また、血中酸素、心電図が必要な人は搭載されているモデルを、どちらでも良い人は他の観点から選びましょう。

その他

衝突事故検出はあったらいざという時に役に立つかもという感じです。

7には搭載されていませんので、不安な人は最新モデルの購入をおすすめします。

高速充電は、睡眠ログを取るなどで長時間Apple Watchをつける人にはあると便利です。

Apple Watch Series 7がおすすめな人

  • 常時表示対応のモデルが欲しいけど、できるだけ安く買いたい人
  • 皮膚温センサー、衝突事故検出がいらない人

まとめ

今回はApple Watch Series 7のレビューをしました。

Apple Watchでより便利な生活を手に入れましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました