[2023最新版!]Macの買い方大全!

ガジェット

Macを購入しようとすると、選択肢が色々あって困る人が多いと思います。

今回はMacの選び方について初心者にもわかりやすく説明しています!

Macの種類

ノートPC

MacBook Air

MacのノートPCの中では安価なモデル。

コスパに優れ、初めてMacを買う人におすすめ。

MacBook Pro

ノートPCながら重たい処理も可能で、クリエイター向け。

デスクトップPC

iMac

モニターとMacが一体となった製品。

キーボードやマウスは別途用意する必要がある。

Mac mini

Macの中で一番安価なモデル。

モニターやキーボード、マウスは別途用意する必要がある。

Mac Studio & Mac Pro

Mac miniの上位互換。

値段は張りますが、性能も良いです。

ノートとデスクトップどっちがいいの?

ノートがおすすめな人

  • PCをいろいろな場所で使いたい
  • PCを買うだけですぐ使えるようにしたい(周辺機器を買う必要がない)

デスクトップがおすすめな人

  • PCで作業する場所が固定している
  • なるべくコスパよく、良い性能のPCが欲しい(同じ性能でもノートPCと比べて10万円以上安くなることもある)

性能の選び方

システムオンチップ(プロセッサ)

いわゆるCPUやGPUを選びます。

これらはPCの頭脳の部分にあたり、性能が良いほど重たい処理を楽々こなすことができます。

現時点では、M1とM2チップの2種類が展開されており、M2の方が性能が良いです。

また、M1、M2の中にもそれぞれ4つ種類があり、無印、Pro、Max、Ultraの順番で性能が良くなります。

選び方としては、通常の用途(ネットサーフィン、動画鑑賞、オフィスワークなど)でしたらM1無印でも十分です。

また、プログラミングや動画編集などをしたい人は、M2 Pro以上の性能はあった方が良いです。

M1無印でもできないことはないですが、処理に時間がかかるので何もできない時間が増えます。

値は張りますが、重たい処理をする予定の人はPro以上の性能のMacを購入しましょう。

メモリ

メモリはPCの作業デスクの大きさを表しており、数字が大きいほど複数の処理をこなすことができます。

通常の用途であれば8GBでも一応足りますが、予算に余裕があれば16GB以上にすることをおすすめします。

特に、プログラミングや動画編集をする人は最低16GB、できれば32GBは欲しいです。

私の持ってるMacはメモリが8GBなのですが、プログラミングをしながらネットで調べたりするとすぐメモリがいっぱいになります。

動かなくなることはないですが、やはりメモリには多少でも余裕があった方が良いので、16GB以上にすることをおすすめします。

ストレージ

ストレージが大きいほど、データをより多く保存することができます。

大は小を兼ねるのでストレージは大きい方が良いのですが、結構値段が高くなってしまうので各個人に合わせたストレージを選びましょう。

参考に私は512GBのストレージですが、プログラムや動画編集のアプリなどを入れて残り容量が300GBほどです。

256GBでも一応足りていますが、ストレージがいっぱいになるとデータの整理や消去などが手間となるので、最低でも512GBはあった方が良いと個人的には思います。

画面サイズ(ノートPCのみ)

MacBook Airは13と15インチ、MacBook Proは13と14、16インチから選べます。

個人的には、13インチのモデルをおすすめします。

理由は3つあって、

  • ノートPCのメリットとしては持ち運びすることができることで、13インチの方が持ち運びやすい。
  • 画面を大きくしたいなら、外部ディスプレイに繋げて出力することができる。
  • 大きいモデルと比べて安い。

正直15インチ以上のモデルを買うなら、デスクトップの方が安くて性能も良くなりますので、そちらを購入することをおすすめします。

モデル別おすすめMac

コスパが良いものが欲しい

M1チップ搭載13インチMacBook Air - スペースグレイ
MacBook Airノートブックは、M2チップ、一日中使えるバッテリー、Liquid Retinaディスプレイを搭載。カスタマイズもできます。
値段162,800円
プロセッサM1
メモリ8GB
ストレージ512GB
Mac mini
Mac miniはM2またはM2 Proチップ、進化したユニファイドメモリ、豊富なポートを搭載。今すぐ購入できます。
値段112,800円
プロセッサM2
メモリ8GB
ストレージ512GB

プログラミングや動画編集などの思い処理もサクサクこなしたい

14インチMacBook Pro - スペースグレイ
M2 ProまたはM2 Maxの驚異的なパワーを内蔵したMacBook Pro。美しいLiquid Retina XDRディスプレイを搭載。使い方に合わせて今すぐカスタマイズできます。
値段344,800円
プロセッサM2 Pro
メモリ32GB
ストレージ512GB
Mac mini
Mac miniはM2またはM2 Proチップ、進化したユニファイドメモリ、豊富なポートを搭載。今すぐ購入できます。
値段240,800円
プロセッサM2 Pro
メモリ32GB
ストレージ512GB

Macを安く買う方法

Macは学割が使えます。

対象者は結構広くて、

  • 高等教育機関(大学、専門学校、高専)に在学、もしくは進学が決まった。またはその学生の両親
  • 教職員
  • PTA活動をしている、または活動が決定した人

学割を使うと数万円の値引きがされますので、対象の人はぜひ活用してください!

学割が使えるサイトはこちら

学生・教職員価格と学生割引
学習で使う新しいMac、iPadをAppleの学生・教職員価格で購入して、割引を受けましょう。学生、教職員の皆さんが対象です。

他にはAmazonや楽天で購入すると数%はポイントとして変換されます。

もし1%だとしても、10万なら1000ポイントと結構もらえるので、公式サイトじゃなくても良い人はそちらから購入するのもおすすめです。

まとめ

今回はMacの選び方について紹介しました。

Macは結構高いPCですが、使いやすさや他のApple製品との親和性が非常に高く、値段以上の価値はある製品です!

今回の記事を参考に、自分に合ったMacを選んでいただければと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました